マルチメディアコンピューティング研究室を志望する人へ

マルチメディアコンピューティング研究室は、現在、卒研生(システムデザイン工学部情報システム工学科)、及び大学院生(修士:システムデザイン工学研究科情報システム工学専攻、博士:先端科学技術研究科情報通信メディア工学専攻)を受け入れています。

1.卒研生

当研究室は卒研生としてシステムデザイン工学部情報システム工学科の学生を受け入れています。当研究室の配属希望者は、3年生の前期末に研究室配属のアンケートがありますので、その際に当研究室を希望してください。基本的に所属ドメインに関係なく希望者を受け入れる方針としています。

その後、3年生後期に研究室に仮配属になると、3年生後期は情報システム工学実験Ⅱ(月曜3、4限)を履修します。4年生になると通年科目の卒業研究A、卒業研究Bを履修し卒業研究を実施します。

現在の卒業研究のテーマ選定方針は、基本的には学生が自分自身が考えた好きなテーマを選択することを優先し、教員と相談する形で決めていきます。過去の卒業研究テーマは、「Research」を参考にしてください。

2.大学院生

当研究室はシステムデザイン工学研究科情報システム工学専攻の修士学生、先端科学技術研究科情報通信メディア工学専攻の博士学生を受け入れています。

修士課程への進学希望者は、学内推薦入試(A日程:5月、B日程:9月)、または一般入試(前期:9月、後期:2月)のどちらかを受験してもらうことになります。一般入試は東京電機大学以外の方も受験可能ですので、過去の修士研究のテーマなどを確認頂き、興味を持った人はご連絡頂ければと思います。

博士課程への進学希望者は、学内推薦入試、一般入試、社会人入試(前期:6月、後期:1月)を受験してもらう形になります。現在、当研究室には博士課程の学生は所属しておりませんが、博士号取得に関して興味のある人はぜひご連絡をお願いします。

現在、東京電機大学では、課程博士以外にも論文博士という形でも博士号を取得することが可能です。研究業績があれば、社会人の方も取得することが可能ですので、詳しくは、「博士論文審査手続方法」を参考にしてください。

大学院入試に関して、詳しくは「大学院入試」を参考にしてください。

修士研究のテーマ選定方針は、卒業研究と同様、基本的に学生が自分自身で考えた好きなテーマを選択することを優先して教員と相談して決めていくことになりますが、修士研究は2年間を通じて定期的に学会発表を実施し、そのフィードバックを元に、適宜テーマを見直しながら研究を続けていくことを方針としております。過去の修士研究のテーマは、「Research」を参考にしてください。